増税に対して思う事の詳細

増税に対して思う事

増税は日本の事を考えたら仕方の無い事だと言われていますが、やはり、消費者にとっては家計を圧迫する打撃という印象が強いです。
最近はテレビなどでも増税に伴い、税金の仕組みや、税金の使われ方などの特集が組まれているので、
消費者にとってかなり間近に迫る事として認識されていると思います。

税金は、私達の暮らしをより良いものにする為に使われるものと言いますが、
最近でも、不正に使用されている事が報道されたので、私個人の意見としては、どこまで本来の目的で使用されるのか疑わしいところです。
明るみになっていないだけで、かなり大きな額が不正利用されていると思っています。

経済や、政治は綺麗事だけでは回っていかないものではあると思います。
しかし、私利私欲の為に税金が使われるのは納得がいきません。

消費税の増税は、消費行動を行う全ての人に課されるものなので、平等だと思うかもしれませんが、
所得の多い方と少ない方ではダメージの大きさが違います。
増税したとしても、手取りは変わらない方がほとんどでしょうが、
もともとぎりぎりの金額で生活している場合、増税分はどこから捻出したらいいのでしょうか。

裕福とはいえない家計の方が多い今、子供を作る場合まず一番に考えるのはお金の事でしょう。
家計が苦しくて、子供を作りたくても作れない方もいると聞きます。
貯蓄も増えず、将来への不安を抱えている方は多いと思います。

私自身も、老後の年金に期待できないため、貯金が身を守ると思っています。
増税による自分への見返りは無いと思っています。

本来の目的で、税金が使われているのであれば、自分たちに還元されるものだからしょうがないと納得できたかもしれません。
しかし、増税に対しての今の自分の心境としては、冒頭で述べた単なる家計への打撃でしかなく、
不本意な出費に過ぎません。