間に合うのかしら?我が家の相続!の詳細

間に合うのかしら?我が家の相続!

10年ほど前、実父が亡くなったときの相続は相続税に引っかかることもなく簡単に終了したので、平均的なサラリーマン家庭には縁のない話だと思っていました。

相続税法が改正されるという報道を聞いても正直、そうなのかと思うくらいだったのですが、今年の6月に義父が亡くなりこれから相続をしなければならないという段になりいろいろ調べた結果、初めてこれはちょっとまずいかもと思い始めました。

相続人は主人と義兄の二人なので相続割合などでもめることはないと思うのですが、この義兄が少々難ありなのです。
主人とは4歳違いですでに50歳の大台ですが、未だ独身です。そのためか考え方がちょっと浮世離れしているような感じではっきり言って相続についてどう考えているかまったくわからないのです。

実は我が家は結婚時に義父の資金援助を得て購入したものでその際、税金対策ということで義父と主人との共同名義にしており、生前贈与よりも相続という形で名義変更した方が税金がかからないため現在も共同名義のままです。

ということは我が家の半分は義父の資産ということになり、自動的に義兄が相続権を持つことになります。
そして主人は実家に対して相続権を持つことになり、ややこしいことこの上ないのですが主人は実家の相続権を義兄は我が家の相続権をそれぞれ放棄し合った上でお互い登記をし直さなければならないのです。

義父が亡くなった後、主人が軽く説明したのですが何の進展もなく今に至っており、どう考えているのかもさっぱりわかりません。
我が家としては他の部分はどうでも自宅の名義だけはしっかりしておきたいというのが本音なのですが、如何せんどうしても金銭がらみの話なってしまうためこちらからはとても言い出しづらい話題なのです。
こちらで司法書士の方に勝手に依頼するわけにもいかず相続税改正までに間に合うのかと頭を悩ませています。